行政書士業務「悪徳商法解約」質問集


Q1 どのような販売方法で売られた契約を取り消すことが出来ますか


契約を勧誘してきた者に次のような行為があった場合は取り消すことができます。

① 契約内容の重要な部分について真実と違うことを言った(不実告知)。

・「当会の通信教育講座の○○管理士受験コースを修了すれば、○○管理士の国家試験が科目免除になります。」と言われ契約したが、科目免除の話は嘘であっ た。
・事故を起こしたことがある車なのに「事故車ではない」と言われた。
・人工の温泉なのに「天然温泉ですよ」と言われた。

② 将来の見込みを断言した。

・「○○社の株は、値上がり間違いありません。」と言われ契約した。

③ 消費者に不利益なことを知っていて隠していた。

・「同じ掛け金でもっと入院時の保障が手厚い保険があります。」と言われたので、生命保険を乗り換えることにした。ところが、新しい保険は入院時の保障は 手厚くなっていたが、死亡時の保障は半分以下しかなかった。
・日当たり良好と言われたマンションの一室を買ったが、入居後まもなくビル建設工事が開始され、日当たりが悪くなってしまった。業者はビルが建設されるこ とを知っていたが、告げなかった。
・年間割引と家族割引に入れば機種代金が10,500円引きと言われて携帯電話を契約したが、サービスが悪かったため半年後に解約しようとした。しかし、 販売店からは1年契約しないと解約させてくれないと言われた。1年未満では解約不可というのは説明を聞いていない。

④ 自宅や職場に押しかけてきて居座って契約を結ばせた(事業者の不退去)。

・セールスマンが家で2時間も粘り、「いらないから帰って下さい」と言っても帰らず、根負けして契約してしまった。

⑤ 呼び出されて帰してもらえず契約を結んでしまった。(消費者への退去妨害)

・営業所で商品の説明を受けていたが、つまらない商品のようなので「いらないです。帰ります。」と言ったところ、セールスマン数人に取り囲まれてしまっ た。怖くて契約せずに帰れる状況ではないので、契約してしまった。

» インデックスページに戻る

行政書士とは


事務所情報

行政書士スノーク法務事務所
〒062-0052
札幌市豊平区月寒東2条6丁目5番20号
北海道行政書士会所属
北海道行政書士会札幌支部所属

<業務範囲>
北海道 札幌市全区(豊平区 清田区 中央区 南区 東区 北区 西区 白石区 厚別区 手稲区) 札幌市近郊(石狩市 北広島市 江別市 恵庭市 千歳市 岩見沢市 三笠市 美唄市 夕張市 滝川市 砂川市 歌志内市 芦別市 赤平市 室蘭市 登別市 伊達市 苫小牧市 小樽市) その他北海道内出張可能