行政書士業務「動物販売業許可」質問集

Q 台帳や標識について教えてください


 1 台帳を作成する必要があります。
 事前説明や顧客の署名等による確認の履行状況を確認するために、動物取扱業者は、所定の様式に従って台帳を作成しなければならないこととされています。 なお、その保存期間は5年間となっています。この台帳の定期的な報告等は義務付けられてはいませんが、必要に応じて都道府県知事等から報告や検査を求めら れることがあります。

 2 表示の必要
 動物の販売にあたっては、個々の動物を目視又は写真等により顧客が確認できるようにするとともに、動物を入れたゲージ等には品種・大人になったときの標 準的な大きさ・生年月日・生産地等を記載したラベルを見やすい位置に掲載することとされています。
 なお、顧客が登録を受けた適法な業者であるかどうかを判断しやすいように、業活動の公告には、氏名や登録番号等を記載する必要があります。

 3 標識等の掲示
 動物取扱業者は、事業所ごとに、公衆の見やすい場所に標識を掲示しなければならないこととされています。
 また、事業所以外の場所で営業をする場合にあっては、あわせて顧客と接することとなるすべての職員は、名札を顧客から見やすい位置に付ける必要がありま す。


» インデックスページに戻る

行政書士とは


事務所情報

行政書士スノーク法務事務所
〒062-0052
札幌市豊平区月寒東2条6丁目5番20号
北海道行政書士会所属
北海道行政書士会札幌支部所属

<業務範囲>
北海道 札幌市全区(豊平区 清田区 中央区 南区 東区 北区 西区 白石区 厚別区 手稲区) 札幌市近郊(石狩市 北広島市 江別市 恵庭市 千歳市 岩見沢市 三笠市 美唄市 夕張市 滝川市 砂川市 歌志内市 芦別市 赤平市 室蘭市 登別市 伊達市 苫小牧市 小樽市) その他北海道内出張可能