札幌市・札幌市近郊・北海道内での動物取扱業登録申請を承ります

動物取扱業の登録


各種動物取扱業の登録50,000 円~

動物取扱業を営むためには、登録を受ける必要があります。


  動物取扱業を営む者は、事業所・業種ごとに都道府県知事又は政令市長の登録を受ける必要があります。また、動物の管理の方法や飼養施設の規模や構造等 の基準を守ることが義務づけられています。

 ・「動物取扱業」とは有償無償を問わず、反復・継続して営利を目的として、動物の取扱を行う社会通念上、業として認められる行為のことをいいます。

動物取扱業の規制を受ける業種は「販売」、「保管」、「貸出し」、「訓練」、「展示」


 動物取扱業の規制を受ける業種は「販売」、「保管」、「貸出し」、「訓練」、「展示」の5種類です。

 ・対象となる動物は、実験動物・畜産動物等を除く哺乳類・鳥類・爬虫類です。
 ・インターネット販売やペットシッターのように動物又はその飼養施設を持っていない場合であっても規制の対象になります

業種 業の内容 該当する業者の 一例
販売 動物の小売及び卸売 り、それらを目的とした繁殖やは輸出入
(その取次ぎ又は代理を含む)
・小売業者
・卸売業者
・販売目的の繁殖又は輸入を行う業者
・露店等における販売のための動物の飼養業者
・飼養施設を持たないインターネット等による通信販売業者
保管 保管を目的に顧客の 動物を預かる業 ・ペットホテル業者
・美容業者(動物を預かる場合)
・ペットシッター
貸し出し 愛玩、撮影、繁殖、 その他の目的で動物を貸し出す業 ・ペットレンタル業 者
・映画等のタレント、撮影モデル、繁殖用等の動物派遣業者
訓練 顧客の動物を預かり 訓練を行う業 ・動物の訓練・調教 業者
・出張訓練業者
展示 動物を見せる業(動 物とのふれあいの提供を含む) ・動物園
・水族館
・動物ふれあいテーマパーク
・移動動物園
・動物サーカス
・乗馬施設(「ふれあい」を目的とする場合)
・アニマルセラピー業者


動物取扱業者が守るべき基準


① 飼養施設等の構造や規模等に関する事項
・個々の動物に適切な広さや空間の確保
・給水・給餌器具や遊具などの必要な設備の配備

② 飼養施設等の維持管理等に関する事項
・1日1回以上の清掃の実施
・動物の逸走防止

③ 動物の管理方法等に関する事項
・幼齢動物の販売等の制限
・動物の状態の事前確認
・購入者に対する事前説明
・適切な飼養または保管
・広告の表示規制
・関係法令に違反した取引の制限

④ 全般的な事項
・標識や名札(識別票)の掲示
・動物取扱責任者の配置

動物取扱業関連法令


動物の愛護および管理に関する法律

動 物の愛護及び管理に関する法律施行規則
動 物取扱業者が遵守すべき動物の管理の方法等の細目
展 示動物の飼養及び保管に関する基準
北 海道動物の愛護及び管理に関する条例
北 海道動物の愛護及び管理に関する条例施行規則

» インデックスページに戻る

行政書士とは


事務所情報

行政書士スノーク法務事務所
〒062-0052
札幌市豊平区月寒東2条6丁目5番20号
北海道行政書士会所属
北海道行政書士会札幌支部所属

<業務範囲>
北海道 札幌市全区(豊平区 清田区 中央区 南区 東区 北区 西区 白石区 厚別区 手稲区) 札幌市近郊(石狩市 北広島市 江別市 恵庭市 千歳市 岩見沢市 三笠市 美唄市 夕張市 滝川市 砂川市 歌志内市 芦別市 赤平市 室蘭市 登別市 伊達市 苫小牧市 小樽市) その他北海道内出張可能