日本行政書士会連合会会議規則  


日本行政書士会連合会会議規則 第1章  総則


(目   的)
第1条 この規則は、 日本行政書士会連合会 (以下 「本会」 という。) が開催する会議の円滑かつ能率的運営を図ることを
目的とする。
(適用範囲)
第2条 この規則は、総会、理事会及び常任理事会の会議に適用する。なお、正副会長会、部会、委員会及びその他の会議は、この規則に準ずるものとする。
(招集手続)
第3条 会議の招集者は、 本会会則等の定めるところにより、 それぞれの会議の構成員に対し招集通知をしなければならな
い。
(参   集)
第4条 会議の構成員は、 指定された会議場に開会時刻までに参集しなければならない。
2 会議の構成員が、 開会時刻までに参集できないときは、 その旨招集者に通知しなければならない。
(司 会 者)
第5条 会議の招集者は、 あらかじめ司会者を指名し、 会議の構成員の参集状況を掌握させると共に、 会議の進行を円滑に行わせなければならない。

日本行政書士会連合会会議規則 第2章 議長及び副議長


(議長の職務)
第6条 会議の議長は、 次の職務を行う。
一 議事の開始並びに議事終了の宣告をする。
二 議場の秩序を保持し、 議事を整理し、会議の運営に当る。
三 議事日程を定め議場に知らせる。
四 議題となる案件を宣告する。
五 議事録署名人を指名する。
六 議場の秩序を乱し、 議事の進行を妨げ若しくは議事整理上議長の指示に従わない会議の構成員若しくは傍聴者に対し、 発言を禁じ、 又は退場を命ずることができる。
(副議長の代行)
第7条 議長に事故あるとき又は、 議長の命により副議長は議長の職務を行う。

日本行政書士会連合会会議規則 第3章  議案及び動議等


(議   案)
第8条 議案とは、 会議に付するため、 あらかじめ文書で提出された案件をいう。
2 議案を提案できる者は、 会議の招集者とする。
(動   議)
第9条 動議とは、 あらかじめ提出された議案以外の事項を議事に付するため発議された案件をいう。
2 動議は、 会議の構成員以外の者は、 発議することができない。
3 議事進行以外の動議は、 文書をもってあらかじめ議事運営委員会若しくは議長に提出しなければならない。
(文書、 図画等の配付)
第10条 会議の構成員等が、 文書、 図画等を配付しようとするときは、 その書類を添えてあらかじめ議長に提出して行うものとする。
(議案等の撤回)
第11条 会議の議題となった議案及び前条の文書等を提案者が撤回するには、 会議の承認を受けなければならない。
(一事不再議)
第12条 会議で否決された案件については、同会期中再び提出することができない。

日本行政書士会連合会会議規則 第4章  議事


(議題の宣告)
第13条 議案を会議に付するときは、 議長はその旨を宣告する。
(審議順序)
第14条 議案は、 提案者の説明を行い、 しかる後に質疑及び討論に入る。
2 議事進行上必要があるときは、 会議の議決により、 提案者の説明、 質問及び討論を省略することができる。
(採   決)
第15条 議長は、 質問又は討論が終ったと認めるとき、 又は表決するに熟したと認めるときは、 質問及び討論を終了する旨を宣し、 表決の宣告をする。
2 前項の表決は、 議題についての異議の有無を議場に諮り、 異議がないと認めるときは可決の旨を宣告する。 又異議があ
る旨の発言があるときは挙手又は起立により出席構成員の過半数でこれを決し、可否同数のときは議長の決するところに
よる。
(不在構成員)
第16条 表決宣告の際、 議場にいない者は、表決に加わることができない。
(議事の変更)
第17条 議長は、 必要があると認めるときは、 会議に諮り、 議事日程の変更又は案件の追加をすることができる。

日本行政書士会連合会会議規則   第5章   発言


(発 言 者)
第18条 会議の構成員以外の者は発言することができない。 ただし、 本会の役員及び名誉会長、 相談役並びに議長が指名す
る者はこの限りでない。
(発言の方法)
第19条 発言しようとする者は、 起立して議長と呼び、 自己の所属会名及び氏名を告げ、 議長の承認を得た後発言しなければならない。 この場合前条ただし書きの者にあっては、 所属会名に替え、 その役職を告げるものとする。
2 2人以上起立して発言を求めたときは、議長は発言の順位を定めて発言させる。
(発言の範囲)
第20条 発言はすべて簡明にし、 議題外にわたり又は、 議長の許可なく構成員相互に応答することはできない。
(発言の制限)
第21条 議長は、 必要あると認めるときは、あらかじめ発言回数並びに発言時間を制限することができる。
(発言の禁止)
第22条 議長が諮った以外は、 第15条に定める表決の宣告があった後は、 何人も提出議題について発言することはできない。

日本行政書士会連合会会議規則   第6章 規律

(品位の保持)
第23条 出席者は、 会議に臨み、 品位を重んじなければならない。 傍聴者について
も同様とする。
(議場内行為の禁止)
第24条 会議場内においては、 何人も会議の妨げとなる言動をなし、 若しくはみだりに自席を離れてはならない。
2 何人も議長の許可がなければ演壇に登ることはできない。
3 議長が制止するときは、 何人も沈黙しなければならない。

日本行政書士会連合会会議規則   第7章   発言


(代議員の代理)
第25条 代議員の代理についてはこれを認めない。
(代議員の報告)
第26条 行政書士会は、代議員について、総会日前15日までに文書により本会に報告しなければならない。ただし、報告の
後、やむを得ない事由により代議員を差し替えるときは、総会日前7日までに文書により本会に修正の報告を行うものと
する。
(質問書の提出)
第27条 総会の議案について質疑ある者は、総会日前7日までにその要旨を文書により議事運営委員会に提出しなければなら
ない。
2 議事運営委員長は、 前項の質問書を整理した上、 本会会長に通告するとともに、議長に提出しなければならない。
(動議の提出)
第28条 動議を提出する者は、 10人以上の賛成者を得て、 案件及び理由を備え、 提出者並びに賛成者が署名し、 所属会を記
載して、 文書で議事運営委員会に提出しなければならない。
2 議事運営委員長は、 前項の文書を整理した上、 本会会長に通告するとともに、議長に提出しなければならない。
(修正動議の提出)
第29条 議案審議により修正動議を提出しようとするときは、 その案を備えたものを添えて、 文書で議長に提出しなければならない。 この場合5人以上の発議者が所属会及び氏名を連署しなければならない。 ただし、 提案者の修正については、この限りでない。
2 前項の場合、 議長はこれを代議員に印刷配付、 若しくは朗読しなければならない。
(議事進行動議)
第30条 議事進行についての動議は、 出席代議員3人以上の賛成者がなければ議題とすることができない。
(議事運営委員会)
第31条 総会の議決を要する案件等の取り扱いを協議し、 又は議長の諮問にこたえる等、 総会の円滑な運営を期するために、
議事運営委員会を設置する。
2 前項の議事運営委員会設置に関する必要な事項は理事会で定める。

日本行政書士会連合会会議規則   第8章 議事録


(議事録の作成)
第32条 各会議の議長は、 会議についての議事録を作成し、 署名押印の上出席構成員中2人の署名押印を受けなければなら
ない。
(記載事項)
第33条 議事録には、 会則に定めるものの外、 次の事項を明らかにしなければならない。
一 開会並びに閉会に関する事項
二 会議の日時、 場所
三 出席者の氏名、 委任者並びに受任者
氏名
四 構成員数並びに出席者数
五 議長、 副議長、 議事録署名人氏名
六 会議に付した事件並びに審議状況の概要
七 決議事項
八 選挙の経過並びにその結果
九 その他議長が記録に必要と認める事項
2 前各号のうち会議に付議しなかった事項は省略することができる。
(保   管)
第34条 議事録は、 事務局において保管する。

日本行政書士会連合会会議規則 第9章 電磁的記録及び電気通信回線利用の特則


(電磁的記録)
第35条 第3条及び第4条第2項に規定する通知並びに第8条に規定する文書については、電磁的記録に係る記録媒体により行うことができる。
2 前項の規定により電磁的記録を用いた場合、当該記録を必要に応じ電子計算機その他の機器を用いて直ちに表示することができなければならない。
(電気通信回線の利用)
第36条 前条に定める電磁的記録は、電気通信回線を利用して送信及び受信することができる。

日本行政書士会連合会会議規則 第10章 補則


(この規則の疑義)
第37条 この規則に疑義があるときは、 議長は会議に諮り決める。 ただし緊急の場合には、 議長が決める。

日本行政書士会連合会会議規則 附則 抄


» インデックスページに戻る

行政書士とは


事務所情報

行政書士スノーク法務事務所
〒062-0052
札幌市豊平区月寒東2条6丁目5番20号
北海道行政書士会所属
北海道行政書士会札幌支部所属

<業務範囲>
北海道 札幌市全区(豊平区 清田区 中央区 南区 東区 北区 西区 白石区 厚別区 手稲区) 札幌市近郊(石狩市 北広島市 江別市 恵庭市 千歳市 岩見沢市 三笠市 美唄市 夕張市 滝川市 砂川市 歌志内市 芦別市 赤平市 室蘭市 登別市 伊達市 苫小牧市 小樽市) その他北海道内出張可能