日本行政書士会連合会行政書士徽章等規則


日本行政書士会連合会行政書士徽章等規則 第1章 総則


(目  的) 
第1条 この規則は、 行政書士徽章 (以下 「徽章」 という。) 及び補助者章に関し、 必要な事項を定めることを目的とする。 
(用語の定義) 
第2条 この規則に用いる用語の意義は、次のとおりとする。
一 第二章における会員とは、行政書士会の行政書士である会員をいう。
二 第三章における会員とは、行政書士の使用人である行政書士又は行政書士法人の社員若しくは使用人である行政書士を除く行政書士会の会員をいう。

日本行政書士会連合会行政書士徽章等規則 第2章 徽章 


(徽章の着用) 
第3条 会員は、 徽章を会員の身分を象徴するものとして認識し、 行政書士業務を行うときは、 常にこれを着用しなければならない。 
2 徽章の形状及び制式は、 別記様式第1によるものとし、 実物見本を日本行政書士会連合会 (以下 「連合会」 という。) に保管する。 
(徽章の交付) 
第4条 行政書士会は、 会員に連合会が調製した徽章を交付する。
2 徽章は、 有償とする。 
(徽章着用の制限) 
第5条 会員は、 業務の停止の処分を受けた期間には、 徽章を着用してはならない。 
(徽章の再交付) 
第6条 会員が、 徽章を紛失または破損したときは、 速やかにその旨を行政書士会に届出て、 徽章の再交付を受けなければならない。 
2 徽章の再交付を受けようとする者は、 実費を納付しなければならない。 
3 前項の額は、 行政書士会において定める。
第3章 補助者章
(補助者章の着用) 
第7条 会員は、その補助者に対し、補助者章を補助者の身分を象徴するものとして認識させるとともに、補助業務を行わせるときは、常にこれを着用させなければなら ない。
2 補助者章の形状及び制式は、別記様式第
2によるものとし、実物見本を連合会に保管する。
(補助者章の交付) 
第8条 行政書士会は、補助者を置いた会員に連合会が調製した補助者章を交付する。
2 補助者章は有償とする。
(補助者章着用の制限) 
第9条 会員は、業務の停止の処分を受けた場合、当該処分の期間を経過するまで、その補助者に補助者章を着用させてはならない。
(補助者章の再交付) 
第10条 会員は、その補助者が補助者章を紛失又はき損等したときは、速やかにその旨を行政書士会に届出て、補助者章の再交付を受けなければならない。
2 補助者章の再交付を受けようとする者は、実費を納付しなければならない。
3 前項の額は、行政書士会において定める。
(補助者章の返納) 
第11条 会員は、その補助者が補助者でなくなった場合、当該補助者に着用させていた補助者章を返却させなければならない。

日本行政書士会連合会行政書士徽章等規則 附則 抄



» インデックスページに戻る

行政書士とは


事務所情報

行政書士スノーク法務事務所
〒062-0052
札幌市豊平区月寒東2条6丁目5番20号
北海道行政書士会所属
北海道行政書士会札幌支部所属

<業務範囲>
北海道 札幌市全区(豊平区 清田区 中央区 南区 東区 北区 西区 白石区 厚別区 手稲区) 札幌市近郊(石狩市 北広島市 江別市 恵庭市 千歳市 岩見沢市 三笠市 美唄市 夕張市 滝川市 砂川市 歌志内市 芦別市 赤平市 室蘭市 登別市 伊達市 苫小牧市 小樽市) その他北海道内出張可能