行政書士会館管理運営協議会規則


行政書士会館管理運営協議会規則 本則


(設    置)
第1条 日本行政書士会連合会 (以下 「日行連」 という。) 及び東京都行政書士会(以下 「東京会」 という。) が共有する資産を管理・運営するため、 行政書士会館管理運営協議会 (以 下 「協議会」 という。) を設置する。
(目    的)
第2条 協議会は、 行政書士会館 (以下「会館」 という。) の管理・運営につき両会の連携を密にし、 適切かつ有効な利用に寄与することを目的とする。
(事    業)
第3条 協議会は前条の目的を達成するために、 次のことを行う。
? 両会の利用区分についての協議
? 会館の適切かつ有効利用についての調査研究
? 会館の維持、 管理
? 会館の利用、 運営
? その他目的達成に必要な事項
(組    織)
第4条 協議会は、 委員6名以内で組織する。
2 委員は、 日行連3名、 東京会3名とし、日行連会長及び東京会会長が委嘱する。
3 協議会に委員の互選による委員長及び副委員長1名を置く。
4 委員長は会務を総理する。
(委員の任期)
第5条 委員の任期は、 委嘱した会長の任期と同一とする。
(会    議)
第6条 会議は委員長が招集し会議を主宰する。
2 協議会の議事は出席した委員の協議で決する。
3 両会の職員は、 会議に出席して意見を述べることが出来る。
(事    務)
第7条 協議会の事務は、 日行連及び東京会の事務局で行う。
(経費負担)
第8条 協議会への委員の参加旅費は、 それぞれの所属会で負担する。
2 会議に要する経費は、 両会の折半とする。
(定めない事項)
第9条 この規則に定めない事項で、 協議会の運営に必要な事項は、 協議会が定め
る。
(規則の改廃)
第10条 この規則の改廃にあたっては、 両会の理事会の承認をうるものとする。

行政書士会館管理運営協議会規則 附則 抄



» インデックスページに戻る

行政書士とは


事務所情報

行政書士スノーク法務事務所
〒062-0052
札幌市豊平区月寒東2条6丁目5番20号
北海道行政書士会所属
北海道行政書士会札幌支部所属

<業務範囲>
北海道 札幌市全区(豊平区 清田区 中央区 南区 東区 北区 西区 白石区 厚別区 手稲区) 札幌市近郊(石狩市 北広島市 江別市 恵庭市 千歳市 岩見沢市 三笠市 美唄市 夕張市 滝川市 砂川市 歌志内市 芦別市 赤平市 室蘭市 登別市 伊達市 苫小牧市 小樽市) その他北海道内出張可能