日本行政書士会連合会東日本大震災大規模災害対策本部設置規則


日本行政書士会連合会東日本大震災大規模災害対策本部設置規則 本則


(目 的)
第1条 日本行政書士会連合会(以下「本会」という。)は、東日本大震災の発生に際し、必要な情報を収集して、被災地の行政書士会(以下「単位会」という。)、そ の会員及び被災自治体等を支援する事業を行うため、本会会則施行規則第2条の2に基づき東日本大震災大規模災害対
策本部(以下「対策本部」という。)を設置する。
(組 織)
第2条 対策本部は、会長、副会長、専務理事及び常任理事で組織し、次の役職を置く。
一 本部長
二 副本部長
2 対策本部には、次の部、役職を置く。
一 災害対策部 部長、副部長及び部員
二 復興支援部 部長、副部長及び部員
3 前2項の構成、及び役職に充てる者は、別表のとおりとする。
4 本部長は、対策本部の事業を総理する。
5 副本部長は、本部長を補佐し、本部長に事故あるとき又は本部長が欠けたときは、副本部長のうち一名がその職務を代行する。
6 部長は、各部の事業を主管する。
7 副部長は、部長を補佐し、部長に事故あるとき又は本部長が欠けたときは、その職務を代行する。
(事 業)
第3条 対策本部は、次の各号に掲げる事業を行う。
一 災害対策部
被災単位会の今後の会務運営への支援協力、助言及び指導
二 復興支援部
被災単位会の会員、被災県民の復興に関する被災単位会活動への支援協力、助言及び指導
(会 議)
第4条 対策本部会議は、本部長が必要に応じて招集する。
2 本部長は、必要があると認めたときは、対策本部の構成員以外の者に対し、対策本部会議への出席、意見報告等の陳述を求めることができる。
(任 期)
第5条 構成員の任期は、本部長である会長の任期と同一とする。
(雑 則)
第6条 この規則に定めるもののほか、必要な事項は会議において別途定めることができる。

日本行政書士会連合会東日本大震災大規模災害対策本部設置規則 附則 抄



» インデックスページに戻る

行政書士とは


事務所情報

行政書士スノーク法務事務所
〒062-0052
札幌市豊平区月寒東2条6丁目5番20号
北海道行政書士会所属
北海道行政書士会札幌支部所属

<業務範囲>
北海道 札幌市全区(豊平区 清田区 中央区 南区 東区 北区 西区 白石区 厚別区 手稲区) 札幌市近郊(石狩市 北広島市 江別市 恵庭市 千歳市 岩見沢市 三笠市 美唄市 夕張市 滝川市 砂川市 歌志内市 芦別市 赤平市 室蘭市 登別市 伊達市 苫小牧市 小樽市) その他北海道内出張可能