? 株式会社と合同会社の違いとそのメリット・デメリット 行政書士スノーク法務事務所web

行政書士が会社・法人の設立をお手伝い


株式会社と合同会社


 株式会社と合同会社の違いとそのメリット・デメリットをご説明致します。

 株式会社は「所有と経営の分離」という商法上の大原則があるので、所有(株主)と経営(経営者・
取締役)を別の人間が行うこととなります。これに対して、合同会社は、所有と経営を一致させることに大きな違いがあります。

  この性質の違いから、株式会社は、パワーバランスを保ち、間違った経営判断を防ぐなど、合理的な組織形態であるという特徴がありますが、法律において必置 の組織・運営方法が細かく規定されているため、あまり自由度がありません。 これに対し、合同会社は、所有と経営が一致し、その構成がシンプルであるために、小回りが利く経営に向くという特徴があります。また、法律によって必置の 機関があるということもないので、その内部組織を比較的自由に構成できるという内部自治が認められています。

 次に、それぞれの メリットについてですが、株式会社の一番のメリットは社会的認知度が高いことにあると思います。このために、取引先、顧客、融資等、さまざまな面でイメー ジアップにつながりますし、優秀な人材も集めやすくなります。社会的認知度の面から見たときには、合同会社は、新会社法によって新しく規定された会社の形 態であり、十分に浸透していない可能性があることがデメリットといえます。

 次に、合同会社は、株式会社と有限会社、合名会社の長所を合体させたような組織であるといえます。

 株式会社・有限会社が持っていた「有限責任」+合名会社が持っていた「内部自治の自由度、設立・ランニングコストの低さ」=合同会社

以上のように、合同会社の一番のメリットは、「有限責任」+「内部自治の自由度、設立・ランニングコストの低さ」というバランスの良さを持ち合わせているということだと思います。

株式会社と合同会社まとめ


<株式会社>

○社会的認知度が高い。
○株式による資金調達が可能。
○組織が厳格で内部自治の自由がない。
○設立・ランニングコストが合同会社に比べ、高い。

<合同会社>

○内部自治の自由が認められている=株主総会の決議等が不要なため、意思決定のスピードが速い。
○定款の認証が不要、決算広告の義務がないこと等から設立・ランニングコストが安い。
○新しい会社形態のため、知名度が低い。


株式会社合同会社
定款に貼る収入印紙4万円4万円
定款認証費用5万2000円不要
登記申請時の登録免許税15万円6万円


» インデックスページに戻る

行政書士とは


事務所情報

行政書士スノーク法務事務所
〒062-0052
札幌市豊平区月寒東2条6丁目5番20号
北海道行政書士会所属
北海道行政書士会札幌支部所属

<業務範囲>
北海道 札幌市全区(豊平区 清田区 中央区 南区 東区 北区 西区 白石区 厚別区 手稲区) 札幌市近郊(石狩市 北広島市 江別市 恵庭市 千歳市 岩見沢市 三笠市 美唄市 夕張市 滝川市 砂川市 歌志内市 芦別市 赤平市 室蘭市 登別市 伊達市 苫小牧市 小樽市) その他北海道内出張可能