? 会社設立の際に、取締役会を設置すべきか 札幌市の行政書士スノーク法務事務所

行政書士が札幌市・札幌市近郊・北海道内での会社・法人の設立をお手伝い


取締役会を設置すべきか


 
 取締役会を設置すべきどうかは、株式の譲渡を制限するかどうかによって決まります。
 株式譲渡を制限しない場合は、取締役会の設置は必須でありますが、譲渡制限を行う場合は、その設置が義務ではありません。

株式譲渡制限しない場合の機関設計

 株式の譲渡制限を行わない場合には取締役会の設置が義務となります。
 その場合の機関設計のパターンは次のようになります。

1 取締役会+監査役
2 取締役会+監査役+会計参与
3 取締役会+3委員会(指名委員会、監査委員会、報酬委員会)
4 取締役会+3委員会+会計参与

株式譲渡制限をする場合の機関設計


株式譲渡制限をする会社の機関設計は更に自由度が広がります、

【大会社】
1 取締役会+監査役
2 取締役会+監査役+会計参与

【中小会社】
1 取締役のみ→一人株式会社です。
2 取締役+監査役
3 取締役+会計参与


» インデックスページに戻る

行政書士とは


事務所情報

行政書士スノーク法務事務所
〒062-0052
札幌市豊平区月寒東2条6丁目5番20号
北海道行政書士会所属
北海道行政書士会札幌支部所属

<業務範囲>
北海道 札幌市全区(豊平区 清田区 中央区 南区 東区 北区 西区 白石区 厚別区 手稲区) 札幌市近郊(石狩市 北広島市 江別市 恵庭市 千歳市 岩見沢市 三笠市 美唄市 夕張市 滝川市 砂川市 歌志内市 芦別市 赤平市 室蘭市 登別市 伊達市 苫小牧市 小樽市) その他北海道内出張可能