? 会社設立の流れその4~出資金の払い込み 札幌市の行政書士、行政書士スノーク法務事務所です

行政書士が札幌市・札幌市近郊・北海道内での会社・法人の設立をお手伝い


会社設立の流れ~出資金の払い込み


 出資金の払込みは、必ず、定款の認証が終わった後に行う必要があります。
  各出資者が発起人が定めた銀行等の口座に振り込みます。入金ではなく、必ず振込みによって行います。出資金を払い込んだら、払込みがあったことを証する書 面を作成し、通帳のコピー(①通帳の表紙、1枚目のページ、振込みの表示があるページ)と合わせ綴じ込みます。分かりやすいように取引の箇所に蛍光のマー クを引いて置くなどしておきましょう。この書類は法務局での登記の際に必要となります。

 ※ネット銀行を利用する場合には、プリントアウトした書面等に替えることができますが、できることならば、通常の金融機関を利用なされることが好ましいと思います。

 ※以前は、郵便局の口座を使用することができませんでしたが、郵政民営化に伴い、郵便局の口座が、銀行口座扱いとなり、使用することが可能となりました。「ゆうちょ銀行」へと名前も変更になりました。

» インデックスページに戻る

行政書士とは


事務所情報

行政書士スノーク法務事務所
〒062-0052
札幌市豊平区月寒東2条6丁目5番20号
北海道行政書士会所属
北海道行政書士会札幌支部所属

<業務範囲>
北海道 札幌市全区(豊平区 清田区 中央区 南区 東区 北区 西区 白石区 厚別区 手稲区) 札幌市近郊(石狩市 北広島市 江別市 恵庭市 千歳市 岩見沢市 三笠市 美唄市 夕張市 滝川市 砂川市 歌志内市 芦別市 赤平市 室蘭市 登別市 伊達市 苫小牧市 小樽市) その他北海道内出張可能