? 会社設立の流れその4~会社の設立の登記 札幌市の行政書士、行政書士スノーク法務事務所

行政書士が札幌市・札幌市近郊・北海道内での会社・法人の設立をお手伝い


会社設立の流れ~会社の設立の登記


 会社の設立の登記をします。この設立の登記日が会社設立の日となります。
 登記申請の際に必要な書類はその会社の種類によってさまざまですので、一般的な株式会社の場合を例にとってご説明させて頂きます。

○設立登記申請書 登記の申請を行いますという申請書です。
○別紙 コンピューター庁(注1)の場合、OCR用紙で提出します。
○登録免許税貼付用台紙 印紙を貼り付ける用紙です。
○定款 先に作成し、認証を受けた定款です。
○印鑑届書 会社の実印を届け出ます。
○払込みがあったことを証する書面 金融機関へ出資金を払い込んだ証明と、通帳 のコピー。
○設立時取締役過半数の一致を証する書面 代表取締役を取締役の互選で決めた場 合に必要。
 1人会社の場合は不要。
○各種就任承諾書 役員になる人が、その就任を承諾したことを示す書類。 定款 で設立時の役員 についての定めがあり、定款の末尾に記名押印している発起人は不要となります。
○印鑑証明書 役員全員の印鑑証明書。登記の日より3ヶ月以内に取得したもの。

 以上のほかに、実情に応じて書類が必要な場合もございます。
 たとえば、定款で本店所在地を最小行政区画までの定めとしている場合は、「本店所在地決議書」が必要など。

 登記申請が終わったら、伝えられた補正日に法務局に行きます。"受理"となっていたら、会社の設立が完了です。書類に不備があれば"受理"と書かれないので、修正することになります。法務局から連絡がある場合もあります。

» インデックスページに戻る

行政書士とは


事務所情報

行政書士スノーク法務事務所
〒062-0052
札幌市豊平区月寒東2条6丁目5番20号
北海道行政書士会所属
北海道行政書士会札幌支部所属

<業務範囲>
北海道 札幌市全区(豊平区 清田区 中央区 南区 東区 北区 西区 白石区 厚別区 手稲区) 札幌市近郊(石狩市 北広島市 江別市 恵庭市 千歳市 岩見沢市 三笠市 美唄市 夕張市 滝川市 砂川市 歌志内市 芦別市 赤平市 室蘭市 登別市 伊達市 苫小牧市 小樽市) その他北海道内出張可能