行政書士業務「会社・法人の設立」質問集

Q 個人事業から会社にするメリットを教えてください


 次のようなメリットが考えられます。

取引先からの信用を 得やすい 同じ受注内容なら ば、個人事業主よりも、法人を選択する場合がほとんどであり、また、取引対象条件を法人のみとしている企業もあることからも、法に沿って設立した法人の信 用度が分かると思います。
顧客からの信用獲得 同じ契約内容なら ば、なんとなく法人の方から買おうかなというような、上記と同じことが言えますが、この他にも、通販サイトで、クレジットカード情報を入力する際、個人事 業主だと躊躇われるといった不安も解消されます。
融資が受けやすい 銀行からの融資は個 人事業主では厳しいのが現状です、法人の方が有利であると言えます。
経費・節税効果 個別具体的な判断が 必要であるため、一概には言えませんが、法人税は一律に課税されることや、社長への給料は経費として認められように、経費として認められる範囲が広がるこ とからも、経費・節税効果は高いです。
有限責任 個人的には、一番大 事なことであると思います。万が一、事業が失敗した場合、個人事業主はその負債について無限に責任を負うことになりますが、株式会社や合同会社は有限責任 ですので、その出資の範囲において責任を負うことになります。


» インデックスページに戻る

行政書士とは


事務所情報

行政書士スノーク法務事務所
〒062-0052
札幌市豊平区月寒東2条6丁目5番20号
北海道行政書士会所属
北海道行政書士会札幌支部所属

<業務範囲>
北海道 札幌市全区(豊平区 清田区 中央区 南区 東区 北区 西区 白石区 厚別区 手稲区) 札幌市近郊(石狩市 北広島市 江別市 恵庭市 千歳市 岩見沢市 三笠市 美唄市 夕張市 滝川市 砂川市 歌志内市 芦別市 赤平市 室蘭市 登別市 伊達市 苫小牧市 小樽市) その他北海道内出張可能