? 建設業の許可質問集~Q 事業主が死亡した場合に、子供に事業を承継させることはできますか 行政書士スノーク法務事務所

行政書士業務「建設業の許可」質問集

Q 事業主が死亡した場合に、子供に事業を承継させることはできますか


 子どもが建設業の経営に携わっており、事業主に準ずる地位に7年以上あった場合にに事業を承継させることができます。この場合、被承 継人の完成工事高や営業年数、許可番号を引き継ぐことができますが,手続上は承継者の名前での新規申請が必要となります。

» インデックスページに戻る

行政書士とは


事務所情報

行政書士スノーク法務事務所
〒062-0052
札幌市豊平区月寒東2条6丁目5番20号
北海道行政書士会所属
北海道行政書士会札幌支部所属

<業務範囲>
北海道 札幌市全区(豊平区 清田区 中央区 南区 東区 北区 西区 白石区 厚別区 手稲区) 札幌市近郊(石狩市 北広島市 江別市 恵庭市 千歳市 岩見沢市 三笠市 美唄市 夕張市 滝川市 砂川市 歌志内市 芦別市 赤平市 室蘭市 登別市 伊達市 苫小牧市 小樽市)その他北海道内出張可能