行政書士業務「建設業の許可」質問集

Q 建設業の要件:専任の技術者とはなんですか


  建設業の許可を受けるための要件のひとつとして「専任の技術者」の配置があります。
  専任技術者は次のアからエのいずれかの要件を満たす者をいいます。
ア 許可を受けようとする建設業に係る建設工事に関し、学校教育法(昭和22年法律第26号)による高等学校もしくは中等教育学校を卒業した後5年以上又は同 法による大学若しくは高等専門学校を卒業した後3年以上実務の経験を有する者で一定の学科を修めた者
イ 許可を受けようとする建設業に係る建設工事に関し、旧実業学校卒業程度検定規程(大正14年文部省令第30号)による検定で一定の学科に合格した後5年以 上又は専門学校卒業程度検定規程(昭和18年文部省令第46号)による検定で一定の学科に合格した後3年以上実務の経験を有する者
ウ 許可を受けようとする建設業に係る建設工事に関し10年以上実務の経験を有する者
エ 許可を受けようとする建設業の種類に応じ、下記表の資格を持つ者
オ 国土交通大臣がアからウまでに掲げる者と同等以上の知識及び技術又は技能を有するものと認定した者



» インデックスページに戻る

行政書士とは


事務所情報

行政書士スノーク法務事務所
〒062-0052
札幌市豊平区月寒東2条6丁目5番20号
北海道行政書士会所属
北海道行政書士会札幌支部所属

<業務範囲>
北海道 札幌市全区(豊平区 清田区 中央区 南区 東区 北区 西区 白石区 厚別区 手稲区) 札幌市近郊(石狩市 北広島市 江別市 恵庭市 千歳市 岩見沢市 三笠市 美唄市 夕張市 滝川市 砂川市 歌志内市 芦別市 赤平市 室蘭市 登別市 伊達市 苫小牧市 小樽市)その他北海道内出張可能