行政書士業務「宅建業の許可」についてよくある質問集

Q 親の宅建業免許を子が相続して引き継ぐことは可能ですか


できません。
宅建業の個人免許は、当該個人に一身専属的に行われた行政行為でありますので、相続の対象にはなりません。親の死亡の場合はその時点で当該免許は失効しま す。

法人の場合も同様に当該法人に対する免許であり、債権債務の譲渡は行えても免許の譲渡はできません。合併に際しても存続法人に免許が無ければ、消滅法人は 消滅と同時に免許が失効し無免許状態となってしまいますのでご注意ください。

» インデックスページに戻る

行政書士とは


事務所情報

行政書士スノーク法務事務所
〒062-0052
札幌市豊平区月寒東2条6丁目5番20号
北海道行政書士会所属
北海道行政書士会札幌支部所属

<業務範囲>
北海道 札幌市全区(豊平区 清田区 中央区 南区 東区 北区 西区 白石区 厚別区 手稲区) 札幌市近郊(石狩市 北広島市 江別市 恵庭市 千歳市 岩見沢市 三笠市 美唄市 夕張市 滝川市 砂川市 歌志内市 芦別市 赤平市 室蘭市 登別市 伊達市 苫小牧市 小樽市) その他北海道内出張可能